青森の八甲田の別荘から119番通報してきたのは一体誰?自然現象なのか心霊現象なのか?

f:id:mmikoo-3510-35:20200325212341j:plain

2014年5月にとある怪奇的なニュースが話題になりました。

 

それは青森県の消防署にとある1本の通報があったというもの。

その119番通報に応答した消防職員が聞いたのは(ザーザー)と聞こえるノイズのみそれ以外は何も聞こえなかったという。

それで当然緊急のことがことが起きたのではないか?と思った消防は発信場所を特定して、

その場所は青森県の中央にそびえたつ八甲田山にある別荘からだと分かったので、急遽、救急隊員10人が別荘を捜索しに行きました。

別荘に到着した救急隊員が現場を捜索しましたが、別荘にはカギがかかっており、もちろん冬明け5月の別荘に人がいる訳もなく別荘はもぬけの殻、、、

別荘のが窓ガラスを割って別荘内部に入った救急隊員が発見したのは古いダイヤル式の黒電話で受話器は電話機本体にちゃんと置かれていたといいます。

では一体だれが119番で電話してきたのでしょうか?

 

そんな馬鹿なことがあるのか?って言いたくなるお話ですよね。実際これを聞いた時にみんなそう思ったと思います。

だって誰もいない家から電話がかかってくるなんて完全に心霊現象だと思いますもん!

 

f:id:mmikoo-3510-35:20200325214049j:plain

引用 https://www.business-plus.net/special/1904/sp0117.html

 

稲川淳二さんか誰かの怪談で昔にダムで沈んだ村から電話がかかってくる怪談があったと思いますが、そんな感じなのでしょうか?

おかしいな~おかしいな~って感じのお話ですが、

とりあえず現在語られている2つの有力説を見ていきましょう!

有力な説1 風による偶然のいたずら

f:id:mmikoo-3510-35:20200325213708j:plain

この事件があったときに青森県内では最大瞬間風速16メートルの強風が吹いていたようです。

さらにのちの調べでこの別荘の電話線が切れかかっていたようで、このことから切れた電線が強風によって通電と断線が繰り返された結果、電話のダイヤルの役割を果たして偶然の結果119番につながってしまったというもの

こんなこともあるんですね。

f:id:mmikoo-3510-35:20200325214406j:plain

ちょっと前のコナンの映画でボタンを押さないで声だけで電話をかけるというものがあったからそんな感じでできなくはないって感じなのでしょう。

でもこれってどんだけ偶然が重なればこんな現象が起こるのでしょうか?

いろいろ情報を探してみても119番につながるように断線と通電を繰り返されるのは本当に天文学的な数字なようです!

119番のうち1番と1番は通電しなくはないようですが、9番は9回通電と断線がおなじリズムで繰り返されないといけないらしく自然現象で起きる確率は本当に0に近いレベルらしいです。

 有力な説2 八甲田山にさまよう亡霊説

f:id:mmikoo-3510-35:20200325213640j:plain

この説は、、、まぁ幽霊の仕業じゃないか?って真っ先に浮かぶ説ですよね。普通はなんか不思議なことがあったらまずこっちが疑われるんじゃないですかね?

まぁ幽霊信じない人もいるので、絶対に風の悪戯だっていう人もいるでしょうけれど、

この事件が起こった場所も場所なので亡霊が電話かけてきた説も結構語られているですよ!

ではなんで幽霊説も有力かというと八甲田山では心霊現象が多発している場所なのです。

f:id:mmikoo-3510-35:20200325215436j:plain

引用 https://www.sankei.com/photo/story/news/180214/sty1802140002-n1.html

1902年に訓練の一環で冬の八甲田山を山越えする訓練をしていましたが、訓練に参加した日本兵210名が真冬の八甲田山で遭難、発見されたときには199名が死亡していたという日本の中でも最大級の山岳事故があったのが八甲田山なのです。

そのためか八甲田山には心霊のうわさ絶えず、現在でもその雪中行軍で亡くなった199名の兵士たちの魂がさまよっているとのこと。

その中の幽霊が119番の電話をかけてきたのではないか?という説ですね。

 

1900年代の初めで119番が消防につながる電話だったのか?

そもそも電話がまだ普及されてなかったのではないか?

などの突っ込みどころもあるんですが、八甲田山はそんな悲惨な出来事もあった場所なので幽霊説も結構信じられているようですね。

2つの説のうちあなたはどっちを信じますか?

八甲田山からの119番通報の2つの説を紹介しましたが、あなたはどっちの説を信じます?

風のいたずら説は実際は天文学的な確率な偶然が重なって起きたという解釈で世間一般的にはこっちかなぁ~って感じますが、

八甲田山の歴史を知っていると幽霊説も全然あるかなぁ~て思っちゃいます。

 

実際八甲田山って結構不思議なことが多い場所なのですよ。

昔はやった杉沢村だって八甲田山の麓にあるし、自〇の名所といわれる城ヶ倉大橋、さっきも話に出た雪中行軍の慰霊の後藤伍長の像などスポットが多数あります。

 

霊感のある友達を一緒に連れてドライブしに行った時があったのですが、車で走っていた僕たちの横で何者かがずっとごにょごにょ喋っていたこともあったようです。

僕は霊感がないからわかりませんでしたが、時速60キロのドライブについて来るなんてとんだ走り屋の幽霊でしたね。

他の友達も肝試しにいったら謎の足音がずっと聞こえるなどの不可解な現象にあったようです。

果たして119番に電話してきたのは風なのか?幽霊なのか?一体何だったのでしょうか?現在でも真相は闇の中。。。