中古で購入したKSC Ⅿ93Rオート9とセカンドバージョンをカスタム&レストアしました!

前回中古でKSCの旧型M93Rオート9を購入したのですが、昔のエアガン+中古ということもあって少し目立つ傷とカスタムしたいところがあったので今回はオート9のレストアとカスタムをしていこうと思います。

とはいってもあまり大したことはないのですが、、、

 スライドの傷けし+バレルのパーティングライン処理

まずはスライドの傷けしですね♪

スライドの傷をついている部分にパテをもって余ったパテをペーパー#600でやすっていくだけです!

(本当は写真が欲しかったのですが撮り忘れていました。。。)

ついでにセカンドバージョンのバレルのパーティングラインも処理していきます。

f:id:mmikoo-3510-35:20200219200940j:plain

こんな風に全体的にペーパーをかけました!実銃はどうなのかわかりませんが、写真中央に残っているパーティングラインというか溝はⅯ93RⅡの方にもあったのでわざと残しておきます!

というかKSCさん、、、何も塗装していないんですね。。。

マルイさんとかはフレームやすりでこすると塗料が剥げてくるんですが、KSCのエアガンは何も塗装されてなく整形色のままのようですね。

まぁ 見た目悪くないし問題ないんですが、マルイになれているとちょっとびっくりします。

f:id:mmikoo-3510-35:20200219201436j:plain

オート9のスライドのついでにバレルにあったひどいヒケがあった場所にもパテ盛りしてやすりで整えました。暇だったのでついでです。

 

そのあとにタミヤの水性フラットブラックでスライド全体を塗装しました。

f:id:mmikoo-3510-35:20200219200617j:plain

こんな風に真っ黒けです。見事に傷は消えました。それに塗装したのでちょっとしたスレ傷のようなものもきれいになっていい感じです♪

f:id:mmikoo-3510-35:20200219201703j:plain

バレルの方もガッツリあったパーティングラインを処理したのでバレルらしくのっぺりですね♪

やっぱりパーティングラインを処理したほうがよりリアルに見えます。

でも少しつや消しが強いようなのでタミヤコンパウンド粗目で軽くこすって光沢を少し出しました。

f:id:mmikoo-3510-35:20200219201927j:plain

パテで持ったところは少しあとが見えますが、見えない場所+ついでにやっただけなのであまり気にしません!ここから直すのはめんどくさいし、、、

グリップの塗装と交換

f:id:mmikoo-3510-35:20200219203303j:plain

まずはセカンドバージョンのグリップからですね。

まぁこっちはグリップをただ交換するだけなのでポン付けできました。やっぱりポン付けが一番いいですよ!楽だもん!!

次はオート9のグリップです!

オート9の方はセカンドバージョンについていたグリップを装着したかったのですがポン付けはできませんでした!

f:id:mmikoo-3510-35:20200219203715j:plainグリップパネルの右側赤丸の部分をリューターで削ることで装着することができました。

なんかグリップをポン付けできない!と思って見比べてみるとここが違ったため装着できなかったようですね。

結構こんな感じでほんの少しだけ違うだけで装着できないって感じのパーツが多かったです(´;ω;`)

そのおかげでセカンドバージョンのカスタムは断念しました、、、

f:id:mmikoo-3510-35:20200219204153j:plain

ちょっと見づらいけどセカンドのグリップです。色合いはレッドブラウン一色できれいですが、物足りない。

f:id:mmikoo-3510-35:20200219204157j:plain

オート9につけてみたけれど、、、結構いいじゃん!

とはいえせっかくだから塗装していきます。目指すはAKのグリップのようなベークライト調のグリップがいいですね。

f:id:mmikoo-3510-35:20200219204719j:plain

塗装する前にグリップを600番のペーパーで足付けしました。そしてこれからサンディブラウンと艦底色とレッドブラウンを塗装します。

f:id:mmikoo-3510-35:20200219204916j:plain

こんな風に歯ブラシの先っちょに色を付けてポンポンとグリップ全体につけていきます!やっているときはこんな汚くて大丈夫って思っちゃうんですけど結構うまくいきます(笑)

f:id:mmikoo-3510-35:20200219205152j:plain

ねっ!汚ったないでしょ!ちなみに艦底色⇒レッドブラウン⇒サンディブラウンの順でポンポンしました。
普通にこれだけ見たら失敗だと思っちゃうよね、、、

でも構わず次へ!

f:id:mmikoo-3510-35:20200219205447j:plain

では次にクリアーオレンジ、クリアーレッド、クリアーブルー、クリアーイエローを混ぜ混ぜして自分の好みの色合いのクリアーブラウンを作ります!

結構この自分の好みの色合いのクリアーブラウンを調合するのが難しいので少しずつ混ぜて調整したほうがいいですよ。

一気にやると後悔します←実体験

f:id:mmikoo-3510-35:20200219205924j:plain

ということでクリアーブラウンを2回ほど厚くエアブラシで吹きました。このグリップを見てどうですか?まだ汚いですよね。色がというよりはまるでニキビがブツブツ出ているようで表面が汚い!

ということで次に600番でこのボコボコをきれいにしていきます。

この時に普通は削りすぎないようにするのは普通なのですが、あえてところどころ削りすぎることによってグリップの模様に強弱をつけさせることができるのでリアルになりますよ!

f:id:mmikoo-3510-35:20200219211212j:plain

こんな風に全体的にボコボコがなくなって、くすんで白くような状態になったらOK!これで下地処理は終了です。あと少しで完成です!

最後にトップコートとしてウレタンクリアーでコーティングしていきます。

f:id:mmikoo-3510-35:20200219211728j:plain

ということでウレタンクリアーを3回吹き付けた後の状態です!ピッカピカです!

f:id:mmikoo-3510-35:20200219211732j:plain

反射がまぶしいですね!ちょっとホコリが入っちゃいましたが、、、

写真でもわざと深く削ったところどころの下の塗料がいい模様になっています。これで長かったベークライト調塗装は終了です。

ハンマーの動作不良の改善

f:id:mmikoo-3510-35:20200219202155j:plain

これが一番の問題です!どちらもトリガーを引いてもハンマーが落ちないことが頻発していました。どうやらこれは旧型M93Rの持病の一つらしい。

原因は簡単でトリガーとハンマーを連動させるトリガーバーというパーツを押し上げるためのスプリングのへたりが原因のようですね。

写真のちょうど中央にあるくの字のスプリングです。

このスプリングがへたることでかかるテンションが減ってしまうのでトリガーバーが押しあがらないようなのです。

ということはテンションをかければいい!ということですね!

f:id:mmikoo-3510-35:20200219202812j:plain

左側が純正のスプリングで右側が加工後のスプリングです。ご覧の通り無理くりスプリングを広げてちょっとペンチで曲げただけ!ちょー簡単!

これでおーるOKです!あと元通りに組みこむだけ

カスタム後のセカンドとオート9

ということでいろいろ塗装したり直したり

してようやく完成!

セカンドバージョンではジャンクパーツとの互換性がほとんどなかったことは大誤算だったけれどそれでも満足できたのでよしとしましょう!

f:id:mmikoo-3510-35:20200221120745j:plain

f:id:mmikoo-3510-35:20200221120816j:plain

まずはオート9ですね。完成後はこんな感じになりました。

グリップをベークライト調にしましたが、少し色が赤かったかな?と思いますが全然いいです♪

オート9にあったハンマーが落ちない現象ももう全くないので問題なく使えます!

f:id:mmikoo-3510-35:20200221120735j:plain

スライドにあった傷も消えてますね。でも少しあとが残ってしまったのですが、 すごい近くでも見ないと分からないし、問題ない

f:id:mmikoo-3510-35:20200221120826j:plain

グリップもツヤツヤでまだらな模様もいい雰囲気です。

ウレタンクリアーなので汚れにも強いので汗とかでも塗装が侵されることはなさそうです。

f:id:mmikoo-3510-35:20200221120859j:plain

こちらがセカンドバージョン。。。ほとんど変わってないです。

HW樹脂のスライドとフレームに交換しようと思ったんだけれども、若干の違いがあちこちあってパーツ交換はグリップのみにしました。

f:id:mmikoo-3510-35:20200221120805j:plain

ジャンク品の中でもこのグリップは結構気に入ったので交換しました。このグリップはポン付けできたのであんまりカスタムでは苦労はなかったです。

ただパーツが合わなかったりしてスライドが外れなくなったりしたのがめんどくさかった、、、

f:id:mmikoo-3510-35:20200221120755j:plain

セカンドバージョンの地味な勇逸の手をかけた場所がバレルのパーティングライン

ライン処理をして、フラットブラック塗装後をにコンパウンドの粗目で処理しました。

f:id:mmikoo-3510-35:20200221120847j:plain

グリップスクリューも交換できなかった、、、フレームのネジのサイズすら変わっていたようです。

 

 こんな感じで中古で買った旧型Ⅿ93Rシリーズのカスタムは終了です。どっちも結構きれいでしたし、オート9に限っては動作不良もあって整備必須だったので、ばらして正解でした。