レオン・S・ケネディーが使ってきたバイオハザード歴代の愛用拳銃はどんな銃?

バイオハザード2から登場しているレオン・S・ケネディーはバイオハザードの中でも人気が高いキャラの一人ですよね。

バイオハザード2では絶望的な状況でも冷静な判断力と天性のサバイバル能力によってクレアと共にラクーンシティーから生還し、あらゆる武器を使いこなしてシリーズ中で多くの作品に登場して事件を解決してきました。

主にマイナー銃が好きなようで、個人的なこだわりがあるのかレオンが使用する拳銃はどれもカスタマイズがされた拳銃がほとんどです。今回はそんなレオンが愛用してきた拳銃についてみていきましょう!

H&K VP70(マチルダ

f:id:mmikoo-3510-35:20200112214625j:plain

レオンが初めて登場したのがバイオハザード2でしたね。レオンは人と違うマイナー銃を選ぶ設定になっていて初期のハンドガンもマイナー銃であるH&K VP70Mでした。

f:id:mmikoo-3510-35:20200112214813p:plain
わざわざこんなマイナー銃を選ぶレオンのセンスが凄いですよね。
サイティングは他の拳銃に慣れていると違和感があるし、マガジンもメジャーな銃と比べると流通数が少ないと思うので使いにくい銃だと思うのですが、レオンは序盤から終盤まで立派に使いこなしていました。

面白いことにVP70 は専用のストックを装備することで3点バーストにも設定することができるマシンピストルとしても使うことができます。ゲーム中ではバリーバートンの私物である専用ストックを使って初期装備のVP70をマシンピストル化することで火力をアップさせることができました。

 

バリーの私物だったということはバリーもVP70を所有していたということでしょうか?

バリー自体ガンマニアという設定だったので所有していてもおかしくないですね。バイオ1でヘリコプターにロケットランチャーをも詰め込んでいたことが判明していましたし、、、

f:id:mmikoo-3510-35:20200120215111j:plain

バイオハザード2以外ではバイオハザード4ではクリア後のボーナス武器として「マチルダ」の名前で登場し、3点バーストオンリーでしたが、ハンドガンの中でも随一の火力を持っていましたね。

 

その後バイオハザードダークサイドクロニクルズやバイオハザード6にも登場し、バイオ6ではレオンはVP702丁拳銃にして使用していました。(バイオハザード6ではウイングシューターという名前で登場

f:id:mmikoo-3510-35:20200120205019j:plain

バイオハザードRE:2ではバイオ2のリメイク作品でしたが、「マチルダ」の名前でレオンの初期装備として登場。バイオ2と同じように専用ストックを装備することができるほかに、ロングマガジンやフラッシュハイダーを装備することが可能になりました。


IMI・デザートイーグル(ライトニング・ホーク)

f:id:mmikoo-3510-35:20200120214536j:plain

バイオハザード2で最も人気を集めたのがIMI・デザートイーグルです。レオンはマイナー銃を扱っていましたが、ラクーン警察内で発見したRPDカスタムが施されたデザートイーグル通称(ライトニング・ホーク)を対ゾンビ最終兵器として使用しました。

f:id:mmikoo-3510-35:20200120205617j:plain

オートマチックハンドガンの中でも最高クラスの威力を誇る50AE弾を使うデザートイーグルを難なく使用し、タイラントバーキンG形態に対してもとても有効な武器として重宝したのではないでしょうか?グリップにはレオンのサインが彫り込まれていてレオン専用のデザートイーグルになっているのですが、いつの間に彫ったのでしょうか?

f:id:mmikoo-3510-35:20200120205620j:plain

パワーアップパーツとしてアンブレラ社がカスタムしたデザートイーグル用10インチロングスライドを装備することができて、ライトニングホークの威力を底上げすることができました。

登場作品はバイオハザード2、5、6、ヴェンデッタ、RE:2で使用しています。

バイオ5ではレオンは登場しませんが、(L・HAWK)という名前で登場。

f:id:mmikoo-3510-35:20200120205339j:plain

RE:2では作品自体がリメイクされたことでライトニング・ホークも新しくなり、専用のハイブリッドサイトとサムライエッジのようなハイブリッドグリップを装備しています。

f:id:mmikoo-3510-35:20200120205342j:plain

f:id:mmikoo-3510-35:20200120205344j:plain

10インチのアンブレラ社カスタムスライドも大幅に改良がされていて、当時ではまだメジャーではなかったはずの20mmのピカティニーレールを上下に装備し、マズルにはマグナポートが装備された特別なデザートイーグルになりました。


H&K USP(シルバーゴースト)

f:id:mmikoo-3510-35:20200120212307j:plain

シルバーゴーストはH&K USPタクティカルやH&K MK23がモデルになっていると言われています。

レオンがジョウ・ケンドに頼んで制作してもらったオーダーメイドの銃になっています。シルバーのスライドにブラックのフレーム、木製とラバーのハイブリットグリップなどサムライエッジにも見られるカスタムが施されていて、サプレッサー対応のねじ切りがされているようですが、サプレッサーなどを装備したことは見たことがありませんね。

f:id:mmikoo-3510-35:20200120212840j:plain

シルバーゴーストにはレーザーサイトやフラッシュライトをよく装備していたので20mmのアンダーレールを装備しているのかもしれません。

登場作品ではバイオハザード4とバイオハザードディジェネレーションでレオンが使用しています。


さらに意外なことにアンブレラクロニクルズのシークレットストーリーで登場しているウェスカーの拳銃を見てください!

f:id:mmikoo-3510-35:20200120213252j:plain


このシルエットはどう見てもシルバーゴーストではないでしょうか?

ゲーム中では(ハンドガン W/サイレンサー)となっていますが、どう見てもサムライエッジには見えないこの拳銃は一体何だったのか?


SIG P226E2(センチネルナイン)

f:id:mmikoo-3510-35:20200120213748j:plain

レオンが所属する組織の「DSO」が対バイオテロ用特殊ハンドガンとして開発したのがSIG P226E2をベースにカスタマイズされているセンチネルナインです。

f:id:mmikoo-3510-35:20200120213846j:plain

汎用性・確実性・安定性の3つをキーワードに開発されていて、汎用性では比較的入手しやすい弾薬である9mmパラベラム弾を使用するP226E2を選択し、確実性では暗所での確実なサイティングを実現するためにサイトには蓄光塗料を使用した専用のアイアンサイト、安定性ではBOWが出す体液に耐性があるシルバースライドが装備されています。

その他にもレオンの意見が反映されていて、フラッシュハイダーにはストライクタイプが採用され、近接戦闘が可能になっています。トリガーは肉抜きがされたストレートタイプの特殊な(Bトリガー)を採用、確実なマガジンチェンジを実現する大型化されたマガジンキャッチボタン、グリップには安定したグリッピングと射撃を実現するためにビバーテイルとサムレストが装備されDSOのメダリオンが埋め込まれている。

f:id:mmikoo-3510-35:20200120214000j:plain

登場作品はCG映画のバイオハザード ヴェンデッタに登場したレオンがアクロバティックなアクションをしながらセンチネルナインを使用しています。発砲だけでなく近接戦闘が可能になったフラッシュハイダーを使用しているシーンもあり、外観や設定だけでなく劇中でもCQBが可能であることが覗えますね。

当初はバイオハザード6に登場予定だったらしいですが、製作が間に合わなかったため、設定ではセンチネルナイン配備直前にトールオークス事件が発生したためにバイオ6には登場しなかったのです。